スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朋友告訴我salon會有客人對師傅有憧憬的現象。

客人為了見師傅,光顧得很頻密,幻想自己跟師傅有機會發展。日子久了,中毒越來越深,只是見面無法滿足自己的慾望了,想完全佔有對方。奈何師傅對客人的溫柔純粹是營業。
無論客人多努力,付出了多少錢,還是得不到師傅,然後會轉移目標,惡性不斷循環。

不止是salon,在哪個行業也有這個情況吧?

其實現代人戀愛也是個惡性循環。身邊不乏「換畫」很快的朋友,他們的字典沒有「寧缺勿濫」這四個字。為了去治癒戀愛的創傷,而不斷找新對像(只要有好感便發展)。用「新愛」忘記「舊愛」。但也不停下想想這對自己傷害多大。寂寞時想起曾經和那麼多人戀愛過,但現在只是自己一人,只會更寂寞難耐。

隨著科技的發展,人是不是變得越來越容易寂寞?
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。